銀行カードローンの特徴

 銀行のカードローンの特徴は、金利の低さにあります。消費者金融のカードローンと比べると上限金利は約4%くらい変わってきます。金利が低い分、返済の負担も少なくできます。

銀行カードローンは、借入限度額も高いことも特徴のひとつです。消費者金融のカードローンは高い限度額を設けている所でも最大500万円くらいですが、銀行カードローンの場合は、銀行によっては800万円や1000万円まで借入してくれる所もあります。

日本の法律で消費者金融などからお金を借入する時は、借入する人の年収3分の1の額しか借入できないという裁量規制があります。なので、消費者金融に借入しようと思って最大500万円まで借りれると思っていたら間違いです。年収300万円の人なら100万円までしか借入できません。しかし、この裁量規制というのは、消費者金融などにしかかかっておらず、銀行は規制外になっています。なので、銀行からは年収300万円であっても、800万円や1000万円借りることができます。 

銀行カードローンの基本的な審査基準について

 銀行カードローンの基本的な審査基準について述べたいと思います。審査基準のひとつとしてまずは申込本人の収入面を見るということがあります。収入が多ければ借入額は多く借りられ、少なければ借りる額も減ります。どのくらいまで貸せるかというひとつの判断基準です。
次に他社の借り入れがあるかないかという事です。カードローンやキャッシングは総量規制というものがあって年収の1/3までしか借り入れが出来ないというルールがあります。しかし銀行カードローンはこの総量規制対象外なのであまり気にすることはないですが、消費者金融カードローンは適用内なのでこちらの利用があればもちろん素直に申告する必要があります。銀行カードローンは総量規制対象外だといいましたが、対象外だからといって年収の1/3以上必ず借りられるという事はありません。それまでの借り入れの頻度や返済の遅れや事故等が無かったかという所も見られますので返済は絶対に遅れないように心がけてください。 

銀行カードローンの返済方法

 銀行カードローンの返済方法ですが、ほとんどの銀行カードローンは銀行の店舗のATMで借り入れ、返済が出来るので便利です。しかも営業時間内ならばATMでの返済は無料というカードローンが多いです。これも大手の強みで銀行という大きなバックボーンがあるからでしょう。また口座のキャッシュカードとカードローンのカードが一体型に出来る銀行もあるので是非活用してみてください。何枚もカードを持つよりも楽でいいです。口座に入金しておけば毎月決まった日に自動引き落とししてくれるカードローンもあります。これなら返済日に忘れたり、仕事で行けなかったということもないので便利です。便利と言えば銀行カードローンも最近はコンビニのATMでも返済が可能となってきています。コンビニなら銀行と違って24時間営業していますし、返済日に仕事で遅くなったとか忘れそうになったというときもコンビニに駆け込んでATMで支払って返済ということが出来ます。 

銀行カードローンが支払えなくなってしまった時の対処法

 銀行カードローンが返済できなくなった時にやってはいけないことは、返済不能になっているにも関わらず、なにの行動も取らないことです。借入している金融機関から催促状の手紙などが来ているのに無視し続け、カードローンの支払いを遅滞状態をほっておくと、カードローンの担当者から電話がかかってきたり、家に訪問してきたりします。それでもカードローンの返済を無視し続けた場合は、金融機関からカードローンの残額を一括請求されてしまいます。こうなってしまうと法的手続きの準備に銀行側は入っています。早急に支払う必要があります。

そうならないためにも、銀行側に返済できないことを伝える必要があります。どうして返済できなくなったのかやこれからどうしたらいいのかを銀行カードローンの担当者に聞きましょう。連絡が来るまで遅滞している人より格段に印象が良くなります。銀行側の対処としては、返済期日を延ばしてくれたり、返済額を落としてくれたりしてくれたり、なんらかの対処をしてくれますので、とにかく返済ができなくなったら銀行に相談するようにしましょう。 

銀行系カード会社で在籍確認の電話をしていました。

 2社経験をしておりますが、社内ルールがそれぞれにあります。在籍確認を行う手順はどこも共通していますが、自宅で在籍確認を取るのか、自宅が繋がらなかったから会社にかけるのか、本当に現在働いているかどうかを調べる為に会社で在籍確認を取るのかは、それぞれの銀行の審査基準や社内ルールに則っているので一概にはいえません。
共通する在籍確認の取り方は電話です。
自宅も会社もどちらも非通知で電話をかけます。銀行の名前は名乗らず、例えば「タナカです」というように、個人名をなのります。「タナカと申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」と尋ねます。家族の方や職場の方でも「どちらのタナカ様ですか?」と詳しく聞かれたりしますが、「ご本人にお伝えして頂ければ分かるかと思います」などと言い、必ず社名や電話をかけている場所の特定をさせません。
会社や家族が出て、「不在です」と言われた場合、戻り時間を聞き、再度その時間に電話をして、申し込みをした本人と話し、生年月日を聞いて本人確認をするか、これで在籍確認がとれたと判断するかは、社内ルールや審査基準によって変わります。 

UFJバンクイックがおすすめです

 UFJ銀行カードローン、バンクイックがおすすめです。銀行カードローンの中でも大手の三菱東京UFJさんが運営しているバンクイック。大手の強みで資金面は問題ないですし、全国区の銀行なので安全性も問題ないです。
申込もスマホ、ケータイから簡単に申込が出来て審査もスムーズです。仮審査もすぐに分かり、仮審査通過後は本審査にすすみます。早ければ当日中に結果が分かるので急いで借り入れしたい方にはとても助かると思います。本審査も他社の借り入れなど考慮しますが銀行系カードローンなので総量規制対象外なので年収の1/3を借り入れしていても借りられる可能性が高いです。そして本審査の最後に本人確認の為に勤め先へ在籍確認の電話があります。UFJバンクイックの名前でかけるか、個人名でかけるか聞かれますのでプライバシーにも配慮してくれていいと思います。どうしても当日中に借り入れしたいという方はUFJのATMの店舗ないに契約ルームがありますのでそこで契約を済ますという手もあります。